妻の浮気相手が低所得者であっても慰謝料って払ってもらえるの?

妻の行動に怪しさを感じたら浮気を疑う必要があります。
自分で浮気調査を行ったり、探偵などに浮気調査をしてもらって、間違いなく妻が浮気しているという証拠をつかむことが重要になります。

証拠さえ確保しておけば、言い逃れをさせないようにすることができますし
浮気をしたことの謝罪を求めやり、離婚を選んだ場合にも、妻に慰謝料を請求することができます。

また、妻の浮気相手にも浮気をしている証拠があれば、慰謝料を請求することができます。

不貞行為を働いた妻に怒りを覚えるのは当然ですが
妻の浮気相手も道理に外れた行為をしたのですから
こちらが被った精神的な被害をお金に換えて慰謝料を請求することができます。

ただここで心配なのが、妻の浮気相手が低所得者だった場合です。

低所得者の場合、支払う余裕はないと開き直られてしまう可能性があります。

そのときは裁判を起こして慰謝料請求を行いましょう。
裁判によって妻の不貞行為が原因で離婚し、さらに妻と妻の浮気相手へ精神的に苦しめられたことを証明できれば、慰謝料請求を認めてもらうことができます。

裁判で慰謝料を支払うように判決が出た場合は、低所得者の場合でも支払い義務を逃れることはできません。

低所得者であっても、裁判で認められた慰謝料が減額したり、支払い義務が消滅することはありません。

事実上、支払う能力がないときは、現実的に慰謝料を受け取ることができなくなりますが
支払う能力が回復すればすぐに支払いを請求することができます。

今の時点で低所得であったとしても、これから先の未来は職を変えたり
退職することで退職金がまとめて入ることもありえます。

浮気相手にお金の余裕があることがわかった場合は
裁判所に仮差押えを請求することができます。

その後、訴訟を起こして判決で正式に差し押さえが決まったら
堂々と妻の浮気相手に慰謝料を請求することができます。

慰謝料を請求するには、何よりも浮気をしているという証拠が重要になります。

証拠がなければ、妻に慰謝料を請求しても、驚くほど少ない額になることもありますし
浮気相手から慰謝料を請求しても認められないことがあります。

しっかり精神的な被害を受けたことを証明するために
妻の行動が怪しいと感じたら、まずは問い詰めるのではなく

浮気に気付いたことを妻には気づかせないように素知らぬふりをして
浮気の証拠をしっかり握り、それから慰謝料請求など行動を起こしましょう。

このページの先頭へ